公式連載中!作家リクエストはこちら

公式連載中!

作家リクエストはこちら
-小説家とリレー小説-
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
1位
閲覧数 3.8万 いいね数 65 コメント数 0
「先輩、起きてください先輩」  朝日さんの優しい呼びかけによって、俺の意識は覚醒した。  目を開けると、すぐ近くに朝日さんの美しい顔があった。彼女は高校の文化祭で行われた『お嫁さんにしたいコンテスト』で1位だった超絶美少女なので、思わず照れる。  朝日さんは心配そうに俺の顔を覗き込んでおり、その背後には雲一つない青空が広がっている。 「――えっ? なんで外?」  驚いて体を起こしてみると、なぜか俺は砂浜に倒れていた。
2位
閲覧数 9535 いいね数 36 コメント数 0
 トラックに跳ね飛ばされた俺は気づくと真っ白な空間にいた。  目の前に女の人が現れる。 「私は女神。あなたに選択肢を伝えます」  選択肢? 「あなたは人々が魔法を使いたい生きている異世界に転生します。そしてあなたは転生する身分を選べます」  へえ、ありがたいな。  魔法使い? 剣士? 鍛冶職人?  迷っていると女神は言った。 「あなたは勇者と魔王どちらに転生したいですか?」  へ?
3位
閲覧数 15.2万 いいね数 22 コメント数 8
 ―――魔女は五月に死ぬ。  ―――だが、五月以外には決して死なない  そう、『何があろうとも』  三日月街には魔女がいる。  それは都市伝説の一つだ。  彼女達は五月に産まれてくる。そして五月に死ぬのだ。逆を言うのならば五月以外には決して死なない。交通事故に遭おうとも飛び降りようとも首を吊ろうとも病にかかろうとも、その命は続く。だが、五月にはただの人間と同じように死んでしまう。  それ以外、人と魔女に大きな差はない。  そう、語られている。  だが、光川圭の知る魔女はただの人間とは異なった。  彼女はとびきりの美人で不吉な人物だ。血を好み、悲劇を嗤う。不思議な力を持つのだとも自称している。それが本当か嘘かはわからない。  真偽を知ろうとも圭は思わなかった。そもそも永久子が本当に魔女なのかどうかも確かではない。確かに永久子は常人とは違って見えるものの圭はそう疑っていた。  ――今までは

連載中!

-仲間とリレー小説-
閲覧数 939 いいね数 17 コメント数 3
募集停止中
今日は待ちに待った新作ゲーム機の抽選結果発表日! そのゲーム機は1度はアニメで見たであろうフルダイブ型ゲーム機だ。アニメで見た時は現実にあったらなぁって思ってたけどまさか生きてる内にできるとはなぁ。 そんなゲーム機の抽選はとんでもねー倍率になっていた。 「よし!抽選結果見るぞ!」 俺は恐る恐る抽選結果を見るその結果は、、 「やったぁぁぁぁー!当選したぁー!」 多分一生分の運使い切ったわ。 数週間後... 「やっと届いた」 ゲーム機が届いた その内容はVRみたいなゴーグルにヘッドホン、手に付けるらしい装置、色々な設定をする用のタブレットだ 「よし!諸々の設定終わったし早速やるぞー!」 やっぱりフルダイブはMMORPGだよなって事でこのゲーム機には最初から『スターダストワールド』というMMORPGがプレイできるようになっている。
閲覧数 748 いいね数 7 コメント数 0
早い者勝ち
私は暗黒魔界王だ。この世界には、我が力を必要としている者が大勢いるのでな」 「ならば俺も手伝おう! 俺は魔王になった男だからな!」 「ほう……それは心強い。だが貴様は一度死んでいるようだな? そのせいか魔力が極端に少ない」 「確かにそうだけど、そんなことより今はお前を倒さないといけないからな」 「ふっ……面白い。では我に傷を付けたら、もう一度蘇らせてやろうではないか」 「何だと!?︎」 「まぁ無理だろうがな。行くぞ!!︎」 すると奴の全身から禍々しいオーラが出てきた。 これは一体なんだ!?︎ こんな感覚は初めてだ。 でも負けるわけにはいかない
閲覧数 5509 いいね数 2 コメント数 5
内容 「俺」と「後輩」は付き合って一ヶ月にも満たない出来立てホヤホヤのカップル。 向こうから告白してきて、「俺」はその場の勢いでついOKしてしまった。 「後輩」は世間的に見ればそこそこカワイイと思える顔立ち。大して「俺」は彼女が偏差値60なら45くらいの下の中ぐらいには整った顔立ちをしている(なぜ告られたのだろう……)。 「後輩」とはまだデートにも行ったことがなく、メールを交換し合った程度にしか距離が近づいていない。そこまで進展を急ぐ気はないが、向こうがどう思っているのかは気になる。 ところでその「後輩」にはちょっとオカシなところがあり、よくメールでやりとりをするのだがその文面がどこがズレているのだ。 馬鹿と天才は紙一重というけれど、「後輩」はそのどちらにでも当てはまるんじゃないかと思う。 そんな毎日やってくるメールに対して、「俺」はなんとかかんとか返信を続けていた。
閲覧数 5509 いいね数 2 コメント数 5
内容 「俺」と「後輩」は付き合って一ヶ月にも満たない出来立てホヤホヤのカップル。 向こうから告白してきて、「俺」はその場の勢いでついOKしてしまった。 「後輩」は世間的に見ればそこそこカワイイと思える顔立ち。大して「俺」は彼女が偏差値60なら45くらいの下の中ぐらいには整った顔立ちをしている(なぜ告られたのだろう……)。 「後輩」とはまだデートにも行ったことがなく、メールを交換し合った程度にしか距離が近づいていない。そこまで進展を急ぐ気はないが、向こうがどう思っているのかは気になる。 ところでその「後輩」にはちょっとオカシなところがあり、よくメールでやりとりをするのだがその文面がどこがズレているのだ。 馬鹿と天才は紙一重というけれど、「後輩」はそのどちらにでも当てはまるんじゃないかと思う。 そんな毎日やってくるメールに対して、「俺」はなんとかかんとか返信を続けていた。
閲覧数 30 いいね数 1 コメント数 0
 玄関を開けると、目の前には美少女がいた。  言葉を付け加えるなら、文字通りこの世のものではない感じの美少女がいた。  見た目はとてもいい。アーモンド状の目とか、程よい高さの鼻とか、白過ぎずやけ過ぎない健康的な肌とか。  美少女って言ったんだから、当然だけど。  しかし、見た目だけだ。一般的な美少女は寝癖みたいな銀の髪がくねくね動かないし、照れ隠しで指を外さない。  最大の問題点は背後だ。
閲覧数 114 いいね数 1 コメント数 0
募集数 0/2
「ねぇこれ見て。かわいいよね。」  笑顔で僕の前に小さな花をみせる。僕も笑い返しながら花を受け取る。どこにでもある小さな花だがいつもと違って見えた。 「ハルは卒業したらどうするの。」 「え、私?私は進学するつもり。ケンは?」 「僕は、」 突然聞かれた言葉に驚いて一瞬答えられなかった。いや、答えをすぐに用意できていなかった。僕たちは数ヶ月後にはそれぞれ道を選んで卒業していく。もう決めていなきゃいけない。 「僕も進学する…かな…。」 答えは一応見つかったが僕の中では何かが残る。 「まぁ、焦らなくてもいいじゃん。」 ハルは突然優しい口調で言う。そんな言い方しないで。ハルが僕を置いていくみたいじゃん。
閲覧数 203 いいね数 1 コメント数 0
「探偵」 それは、警察ですら解けない事件を解決する存在... しかし、探偵はある絶対的ルールにより成り立っている。 それは、 ①探偵が居ること ②事件があること ③警察がその事件を解決出来ないこと  ④その事件の解決を探偵に頼むこと  の四つだ。 もし... ①と、④が消えた世界があったら... どうなるのだろう....
閲覧数 136 いいね数 1 コメント数 0
「ここに二つの箱がある。片方は赤い箱、もう片方は青い箱。どちらか一つしか選べないとしたらどっちを選ぶ?」 彼が僕に問う。 真っ暗な何もない部屋で、下からライトアップされる鮮明な赤と青。 「赤い箱」 僕は答えた。 青い箱のライトが消え、箱は闇へと消えて無くなった。 残された赤い箱。 彼は蓋を取り去る。 「ジャーン!中身は汚れた万年筆でした!」 見覚えがある。たしかにこれは僕の万年筆だ。 …こんなに汚れてはいなかったけれど。 「人生は取捨選択の連続。君は赤い箱を選んで、そして青い箱を切り捨てた。その中身を見る機会は永遠に来ない」 僕は耐えきれなくなって彼に尋ねた。 「一体僕は何をやらされているんだ?」 「それが君の第一の質問でいいの?」 頷く。 彼の出す選択肢を僕が選んでゆくごとに、きっと一つずつ彼は質問に答えてくれる。 「これは君の"罪"を知るための時間だよ」
閲覧数 436 いいね数 7 コメント数 0
…あれ、私死んでない? 全身血だらけ 身体中の骨が折れているようだ そう、私はビルの屋上から投身自殺したんだ でも、生きてる 地面に衝突する直前に見た『アレ』 『アレ』を見た限りは、死ねない ちょっと前まで死ぬことしか選択肢になかった私だが、今ならある 『アレ』を手に入れる、この手で そう決意すると、私は立っていた ボロボロの体のまま、何故か動けていた 痛みさえ感じない さあ行こう
閲覧数 939 いいね数 17 コメント数 3
募集停止中
今日は待ちに待った新作ゲーム機の抽選結果発表日! そのゲーム機は1度はアニメで見たであろうフルダイブ型ゲーム機だ。アニメで見た時は現実にあったらなぁって思ってたけどまさか生きてる内にできるとはなぁ。 そんなゲーム機の抽選はとんでもねー倍率になっていた。 「よし!抽選結果見るぞ!」 俺は恐る恐る抽選結果を見るその結果は、、 「やったぁぁぁぁー!当選したぁー!」 多分一生分の運使い切ったわ。 数週間後... 「やっと届いた」 ゲーム機が届いた その内容はVRみたいなゴーグルにヘッドホン、手に付けるらしい装置、色々な設定をする用のタブレットだ 「よし!諸々の設定終わったし早速やるぞー!」 やっぱりフルダイブはMMORPGだよなって事でこのゲーム機には最初から『スターダストワールド』というMMORPGがプレイできるようになっている。
閲覧数 748 いいね数 7 コメント数 0
早い者勝ち
私は暗黒魔界王だ。この世界には、我が力を必要としている者が大勢いるのでな」 「ならば俺も手伝おう! 俺は魔王になった男だからな!」 「ほう……それは心強い。だが貴様は一度死んでいるようだな? そのせいか魔力が極端に少ない」 「確かにそうだけど、そんなことより今はお前を倒さないといけないからな」 「ふっ……面白い。では我に傷を付けたら、もう一度蘇らせてやろうではないか」 「何だと!?︎」 「まぁ無理だろうがな。行くぞ!!︎」 すると奴の全身から禍々しいオーラが出てきた。 これは一体なんだ!?︎ こんな感覚は初めてだ。 でも負けるわけにはいかない
閲覧数 5904 いいね数 4 コメント数 0
募集停止中
キャラ紹介①(私) 名前:一ノ瀬 瑞希(みずき) 種族:人間 職業:大学生 長所:(`・ω・´) 短所:これと言った長所がないところ 趣味:バスケ(<アニメ、ラノベなんだけどね) 一言コメント  みなさんこんにちは!多分主人公ポジに選ばれました、みずきです。作者さんと話をしたところ、ひらがなの方が読みやすいし、楽らしいので、ひらがなで行きます。  ところで、私、長所が本当にないんですよねー。強いて挙げるならアニメにある程度詳しいとかですね。でもそんなこと書類に書いたら舐めてるって思われれそうですよね。だから顔文字で誤魔化しました。それこそ舐めてるだって?なんも書かないよりはマシでしょ。読書が(`・ω・´)を見て、(・Д・)なってくれればこちらも(*^ω^*)ですからね!  最後に、なんて事のない平凡な日常系ラノベをお楽しみください!←作者に言わされました( *`ω´)
閲覧数 1779 いいね数 31 コメント数 1
募集停止中
それはゲーゼン達がバルマーハ王国を攻め落とした翌日の事 「王城に隠し部屋か」 「何かの研究施設の模様です」 「とりあえず見てみる案内しろ」 確かここは図書室だったな 「ここです」 そういうとベリーは本棚の本を1冊奥に押し込むすると本棚が開き地下への階段が出てきた 本棚が入口とか何かThe秘密基地って感じがするな 「この階段を下った先です」 階段を下った先にあったのは 「何だここは」 戦闘機や戦車といった現代兵器だった 「まさかこの可能性があったのか」 これらはこの世界の文明レベルでは作る事の出来ない。その技術を提供した者が居るという事。つまり俺以外にこの世界に転生した者がいるという事、、 いや待てこういうのは負けが確定した段階で自爆するなりして隠滅を図るべきもの。なのにどうしてだこの技術が敵に渡ってもいいと言うのか まさかこの技術を完成させた。だから不要と判断したのか
閲覧数 1121 いいね数 24 コメント数 3
募集停止中
最初は【あっミスったわww】のキャラのまとめ的なやつです。 強さが分かりやすいように適当に数字を示しています ついでにゲーゼン配下の強化内容も一緒に載せときます それじゃいきます ゲーゼン 種族 インセクトロード 主属性 闇 スキル ・命の灯火 種族、主属性、スキルを決める名前を与える事で生命を作り出す。元々は5体までだったが進化により10体まで作れるようになった。そして更に追加である能力が目覚めている ・千里眼 透視、鑑定、望遠等様々な事が出来結構便利、、だけどぶっちゃけ地味 キャラ説明 バルマーハ王国を滅ぼしゲマーゼ帝国を建国した。最終目的は国の半分と教会勢力を滅ぼし世界を安定させる事 ちなみにそれが完了したあとはのんびり隠居する予定
閲覧数 634 いいね数 17 コメント数 0
募集停止中
言う事は言ったあとはなる様になるだけだ... 数日後... 「ゴウ〜今日こそいいよねぇ」 「いや明日から新学期だろ」 「えぇー」 あの時のやつで毎晩こんな感じだ 翌日... あぁ周りからの視線が... 「ミナーベ学校でベタベタ触ってくるのは辞めないか?」 「いいでしょ〜泥棒猫が近ずいて来るかもしれないし」 これ何言ってもダメなやつだ 「おいそこの2人授業始めるぞ」 「あっはい!」 新学期が始まった。ミナーベがずっとベタベタしてくるので周りからの視線が痛いぐらいしか問題はない。 「ミナーベさんちょっとよろしいですか」
閲覧数 111 いいね数 2 コメント数 0
早い者勝ち
「これは"言葉の瓶"というものだよ。この中に誰かに伝えたい言葉を入れて願ってみてごらん。誰かにきっと届くよ。」  母はそう言って私に瓶を渡す。片手に収まるほど小さな小瓶だ。 「こんなのに言葉なんて入れられるの。」 「私も昔はそう思っていたよ。でもね、違うの。言葉は"入れられるの"。伝えたいって強く願えば願うほど。」 「ふうん。」 私は嘘だと思いながら返事をする。家の窓から見える空の雲はゆっくりと動いている。 ぼんやり見つめているとなんだか不思議な気持ちになった。
閲覧数 7413 いいね数 32 コメント数 0
 それは、実家に里帰りしていた、春の日のことだった。  田舎の決して大きくはないアウトレットスーパーセンター。 「みーみーみー」  そこのペットコーナーで仔猫の鳴き声がした。  まだ幼いと思われる、小さな小さな仔猫の鳴き声。 ━━━おかしい、ここでは猫はあつかっていないはず━━━  鳴き声のするほうに人のいないレジ裏を見つけ、そっとのぞいた。  そこには可愛らしい3匹のさばトラの仔猫がいた。
閲覧数 2318 いいね数 7 コメント数 0
募集停止中
これは僕が見た夢の話だ。 言ってみれば唯の作り話。 でも、とても美しい話だから、どうか最後まで聞いてほしい。 僕は満天の星空の下、白百合が咲き乱れる野原で目を覚ました。あたりは甘ったるい花の匂いが充満している。虫は元気に鳴いているが、周りには人っ子一人いない。 僕は野原に寝転び、しばらく星を眺めていた。星座なんかわからないから、ただ眺めてるだけ。
閲覧数 98 いいね数 0 コメント数 0
「いつもの場所だよね。」 悠太が驚いた声で言った。俺も同じ事を思った。一緒にいた友だち全員思ったと思う。いつも集まって放課後の時間を潰している場所、自然に集まっていつも騒いでいる場所。 「なんか怖くないか。」 「いつからこんなになんたんだよ。」 「まるで別の場所みたいだな。」 何も考えられずみんな黙ってしまう。俺を含めて、昨日までとは別の姿の場所に戸惑いを隠せてないのだろう。 後で俺も気づいたのだが、この変化が始まりにすぎないことをこの時点では誰も知らなかったのである。
閲覧数 246 いいね数 1 コメント数 0
募集停止中
第1話 肝試しは延期です 私の名前は美咲趣味は肝試し!よろぴくー! 「ねぇ美咲今度の肝試し事なんだけど」 「楽しみだね華蓮」 彼女の名前は華蓮私の肝試し仲間 「実はその日彼氏とデート行く事になったのごめん」 このぉリア充がぁぁーおっと失礼 「うーん肝試しは延期しようか」 「うんそれでお願い」 「デート楽しんでね」 リア充はそっとしておきます。決して爆破してはなりません。あぁーリア充爆破してぇー 「よし!肝試しは延期だ!」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~ あとがき的なやーつ ホラーと言うよりコメディ寄りになるかもしれない
募集中!
閲覧数 388 いいね数 0 コメント数 0
「働いているからって人よりも偉いと思うなよ」 二階堂篤は満員電車が待つ駅に吸い込まれていくサラリーマンを見ながら、誰宛ということでもなく吐き捨てるように言った。 二階堂は生まれてこのかた一度も働いたことがない。就職はおろかアルバイトすら未経験だ。 そんな生活を可能にしたのは本人が持つ幸運のおかげだ。生活に必要な金は真面目で頑張り屋の両親が多量に残してくれた。人生を二回遊んで暮らせるぐらい。
募集中!
募集中!
閲覧数 38 いいね数 1 コメント数 0
 静かに雪は舞い降り、吐く息は凍りそうなほど白かった。  二月のイギリス。俺は学校の帰路に着いていた。  身も凍りそうなほど冷たい外気。コートのポケットに入れた手は寒さを通り越して、痛みを感じていた。そのことに対して小さな苛立ちを覚えていると……。  「お兄ちゃん」  背後で声が聞こえた。振り返れば、黒の冬物コートに身を包んだ妹がいた。マフラーに手袋と厚着をしているのにも関わらず、その鼻はまるで赤鼻のトナカイのように真っ赤だった。  「先に帰っているんじゃなかったのか?」  俺はぶっきらぼうに問いかけた。だが、妹は笑って言う。  「お兄ちゃんと一緒に帰りたかったの」  「……好きにしろ」  俺は前を向いて歩き出す。すると、妹は嬉しそうに笑いながら俺の隣を並んで歩き始めた。いつものことだ。  「お兄ちゃん。帰ったら……」  「蜂蜜入りの紅茶か?」  「ええ。うんと甘くね」  
アイコン
BooKHackers運営者
閲覧数 1989 いいね数 1 コメント数 3
募集数 0/1
BooKHackersをご利用いただき誠にありがとうございます。 BooKHackers運営者です。 私たちはBooKHackersを常にもっと良いものにしたいと考え日々、修正や機能の追加等を行っていますが、まだまだサービスをもっと便利にできると考えています。 しかし、非常に少数で運営を行っているため”知恵”が足りません。 そこで、より良いサービスにするためにユーザーの皆様のお知恵をお借りしたいと考え、この”目安箱”を作成させていただきました。 どんな些細なご意見でも構いませんので、現状のサービスの状態にご要望がございましたら通常の物語と同様に「続き」の投稿画面からご意見の投稿をお願いいたします。 頂戴したご意見の全てを実現することは難しいかもしれませんが、精一杯努力させていただきますので何卒ご意見を頂戴できると幸いです。 よろしくお願いいたします。 BooKHackers運営者
閲覧数 619 いいね数 2 コメント数 0
女子A「ねえ、今日の放課後どこ行く?」 女子B「私、近くにできたクレープ屋に行きたいな〜」 女子A「確かに!あ、そういえばさ・・・」 青春とは一体何なのか考えたことはあるだろうか。 青春とは何故青い春と書くのだろう?それは元々春は青いからだと言われている 中国古来から伝わる陰陽五行で季節ごとに色が決められており、春には青が当てはまるからだそうだ。 しかし現在の青春では若いという意味だけではなく、夢に向かって努力することや恋愛模様という意味合いを持つことが多い。 これは夏目漱石が書いた『三四郎』が大きな影響を与えているという『三四郎』は熊本から東京に上京してきた主人公が若い人ならでは迷いや不安、恋愛などを描いた作品である ならば夏目漱石がいなければこのような青春が生まれなかったか? 絶対に違う あっても無くてもこのような幸せそうな青春はうまれていただろう結論から言おう 青春は滅びれば良い。

完結作品

-リレー小説を読む-
アイコン
あきカン
閲覧数 3271 いいね数 1 コメント数 2
テーマ SFサバイバルデスゲーム 世界的なゲーム会社であるファクトリー社が近々新作ゲームを出すという告知を受け、熱狂的なサバゲ―マーである一浪(いちろう)はそのテストプレイヤー募集に応募した。 内容は所々隠されており、一浪はなんとか当選したものの、合格通知にも何も書かれてはいなかった。 当選者だけが集められる会場に向かう道中、一浪は何者かに襲われ、拉致されてしまう。 気づくと一浪はどこかのヘリに乗っていて、そこで自分を含め、周りにいる者達も合格者であることが明かされる。 テストプレイの内容はとある無人島でのサバイバルだった。集められた者たちと協力し、一週間そこで生き延びられたら一人一人に景品をプレゼントするという。 一同はやがてその無人島らしき島に着き、自分以外の者たちが何者であるのかを知る。 彼らが持ってきた所持品が中央に集められ、まずは荷物チェックから始めようと中身を見ると……。
閲覧数 5821 いいね数 29 コメント数 3
俺は豪っす!今日は先輩と久々に飲みに行くっす。もちろん奢って貰うっす。 「居酒屋ってあそこの角辺りだったけ」 先輩ー物忘れ激しすぎっす 「はいその辺っす」 その時だったっす 『あっミスったわww』 と聞こえたんす そしと同時に俺達は歩道に突っ込んできた車にはねられて死んだっす 目が覚めた場所は雲の上みたいなとこだったっす 「お目覚めかな」 誰かが話しかけてきたっす 「誰っす?」 「私は簡単に言うなら神だ」 「神っす?」 「分かってるだろうが君は死んでしまったんだ。まだ未来ある若者がだあぁなんと嘆かわしい事だ」 何かそれっぽい事言ってるみたいすけど全くわかんないっす 「そこでだ君に使命を与えてある世界に転生してみないか?」
閲覧数 1.4万 いいね数 50 コメント数 6
俺の名は室川太郎!ごくごく普通の工場勤めの社会人だ! 「はぁ今日も仕事疲れたわぁ」 今日は定時まで仕事をし帰ろうとしていた 「先輩〜明日休みですし飲みに行きましょうよぉ〜」 こいつは後輩の水川豪俺を慕ってくれる数少ない後輩。 「別にいいけど奢りはなしな」 「はいはい分かってますよ。割り勘ですね」 「ならいいが」 「じゃっ先輩早く行くっすよ」 まぁこいつの事だから何やかんやで奢る羽目になるんだろなぁ。 「居酒屋の場所ってあそこの角辺りだっけ?」 「はいその辺っす」 そして俺と豪は歩いて居酒屋に向かっていた、、すると 『あっミスったわww』 と一瞬聞こえた。声の主は豪だろうと思い 「何かやらk、、」 その瞬間だった俺たちが歩いていた歩道に猛スピードの車を突っ込んできた。一瞬だった俺は車にはねられて即死した。
閲覧数 9594 いいね数 39 コメント数 0
「あなたは色が白いから、きっとよく映えるわよ」 そう言って、貴女は好んで赤い色の服ばかりを私に着せたがりました。 「ほら、鏡を見てごらん。地味な色より、やっぱりこちらのほうがよく似合う」 貴女はそう言って、楽しげにころころと笑いました。 赤い色は嫌いです。 赤い色は。 私にとって。 あまりにも生き生きとして、眩しすぎるのです。
募集中!
募集中!
閲覧数 1.1万 いいね数 13 コメント数 0
それは突然の…始まりだった。
募集中!
募集中!
アイコン
あきカン
閲覧数 3271 いいね数 1 コメント数 2
テーマ SFサバイバルデスゲーム 世界的なゲーム会社であるファクトリー社が近々新作ゲームを出すという告知を受け、熱狂的なサバゲ―マーである一浪(いちろう)はそのテストプレイヤー募集に応募した。 内容は所々隠されており、一浪はなんとか当選したものの、合格通知にも何も書かれてはいなかった。 当選者だけが集められる会場に向かう道中、一浪は何者かに襲われ、拉致されてしまう。 気づくと一浪はどこかのヘリに乗っていて、そこで自分を含め、周りにいる者達も合格者であることが明かされる。 テストプレイの内容はとある無人島でのサバイバルだった。集められた者たちと協力し、一週間そこで生き延びられたら一人一人に景品をプレゼントするという。 一同はやがてその無人島らしき島に着き、自分以外の者たちが何者であるのかを知る。 彼らが持ってきた所持品が中央に集められ、まずは荷物チェックから始めようと中身を見ると……。
閲覧数 5409 いいね数 5 コメント数 0
 世界にはいくつか不思議なものがある。  誰に当てたか分からない手紙。  誰が作ったのかも分からない建物。  誰のために作られたかも分からない道具。  ここにあるのは、『航海王子のアストロラーべ』。  遠い遠い昔の、航海王子からの贈り物は、誰の手に渡り、誰のもとで使われてきたのかも分からない。  それでも、金色のアストロラーべは今日も輝き、星を示す。
閲覧数 3250 いいね数 11 コメント数 0
ある日、莉緒が訪ねてきた。 赤髪に黒リボンの姿でサキュバスになっていた。 ロリ口調で話しかけて来た。 莉緒:「ねぇ、ねぇ!お兄ちゃん?」 優:「お前、急にどうした....!?」 莉緒:「あのね、魔王莉緒奈がねぇ....世界を『女の子限定サキュバス化計画』とか言って世界を変えたの。」
閲覧数 5821 いいね数 29 コメント数 3
俺は豪っす!今日は先輩と久々に飲みに行くっす。もちろん奢って貰うっす。 「居酒屋ってあそこの角辺りだったけ」 先輩ー物忘れ激しすぎっす 「はいその辺っす」 その時だったっす 『あっミスったわww』 と聞こえたんす そしと同時に俺達は歩道に突っ込んできた車にはねられて死んだっす 目が覚めた場所は雲の上みたいなとこだったっす 「お目覚めかな」 誰かが話しかけてきたっす 「誰っす?」 「私は簡単に言うなら神だ」 「神っす?」 「分かってるだろうが君は死んでしまったんだ。まだ未来ある若者がだあぁなんと嘆かわしい事だ」 何かそれっぽい事言ってるみたいすけど全くわかんないっす 「そこでだ君に使命を与えてある世界に転生してみないか?」
閲覧数 1.4万 いいね数 50 コメント数 6
俺の名は室川太郎!ごくごく普通の工場勤めの社会人だ! 「はぁ今日も仕事疲れたわぁ」 今日は定時まで仕事をし帰ろうとしていた 「先輩〜明日休みですし飲みに行きましょうよぉ〜」 こいつは後輩の水川豪俺を慕ってくれる数少ない後輩。 「別にいいけど奢りはなしな」 「はいはい分かってますよ。割り勘ですね」 「ならいいが」 「じゃっ先輩早く行くっすよ」 まぁこいつの事だから何やかんやで奢る羽目になるんだろなぁ。 「居酒屋の場所ってあそこの角辺りだっけ?」 「はいその辺っす」 そして俺と豪は歩いて居酒屋に向かっていた、、すると 『あっミスったわww』 と一瞬聞こえた。声の主は豪だろうと思い 「何かやらk、、」 その瞬間だった俺たちが歩いていた歩道に猛スピードの車を突っ込んできた。一瞬だった俺は車にはねられて即死した。
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!