公式連載中!作家リクエストはこちら

公式連載中!

作家リクエストはこちら
-小説家とリレー小説-
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
閲覧数 28 いいね数 1 コメント数 0
募集停止中
 窓際の一番後ろの席、そこにカヤノさんが座っている。  先月、突然亡くなったカヤノさんだ。  元々持病があったのだと、その時初めて知った。  カヤノさんは、生前の姿そのままで花の飾られた机に静かに座っている。  本当は生きているんじゃないかと思う事もあるけれど、彼女の横顔を透かして揺れるカーテンが見えたりすると「ああ、やっぱり死んでるんだな」と思う。  退屈な午後の授業、眠りを誘う先生の声を聴きながら、廊下側二列目一番後ろの席から、僕はカヤノさんを眺める。  カヤノさんが現れるのは授業中だけ。見えているのは僕だけらしい。  らしいというのは、見えていない振りをしている人がいるかも知れないからだ。  僕と同じように。    そして、カヤノさんは、ある人をじっと見ている。  窓際から二列目、前から二番目の席。  口元に微かな笑みを浮かべて、そこに座る人の背中をずっと見つめている。
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
交渉中
閲覧数 12.7万 いいね数 21 コメント数 5
募集停止中
 ―――魔女は五月に死ぬ。  ―――だが、五月以外には決して死なない  そう、『何があろうとも』  三日月街には魔女がいる。  それは都市伝説の一つだ。  彼女達は五月に産まれてくる。そして五月に死ぬのだ。逆を言うのならば五月以外には決して死なない。交通事故に遭おうとも飛び降りようとも首を吊ろうとも病にかかろうとも、その命は続く。だが、五月にはただの人間と同じように死んでしまう。  それ以外、人と魔女に大きな差はない。  そう、語られている。  だが、光川圭の知る魔女はただの人間とは異なった。  彼女はとびきりの美人で不吉な人物だ。血を好み、悲劇を嗤う。不思議な力を持つのだとも自称している。それが本当か嘘かはわからない。  真偽を知ろうとも圭は思わなかった。そもそも永久子が本当に魔女なのかどうかも確かではない。確かに永久子は常人とは違って見えるものの圭はそう疑っていた。  ――今までは
交渉中
交渉中
1位
閲覧数 3.5万 いいね数 65 コメント数 0
「先輩、起きてください先輩」  朝日さんの優しい呼びかけによって、俺の意識は覚醒した。  目を開けると、すぐ近くに朝日さんの美しい顔があった。彼女は高校の文化祭で行われた『お嫁さんにしたいコンテスト』で1位だった超絶美少女なので、思わず照れる。  朝日さんは心配そうに俺の顔を覗き込んでおり、その背後には雲一つない青空が広がっている。 「――えっ? なんで外?」  驚いて体を起こしてみると、なぜか俺は砂浜に倒れていた。
2位
閲覧数 8751 いいね数 36 コメント数 0
 トラックに跳ね飛ばされた俺は気づくと真っ白な空間にいた。  目の前に女の人が現れる。 「私は女神。あなたに選択肢を伝えます」  選択肢? 「あなたは人々が魔法を使いたい生きている異世界に転生します。そしてあなたは転生する身分を選べます」  へえ、ありがたいな。  魔法使い? 剣士? 鍛冶職人?  迷っていると女神は言った。 「あなたは勇者と魔王どちらに転生したいですか?」  へ?
3位
閲覧数 2840 いいね数 13 コメント数 1
 月のない夜の事である  炭焼きを生業とする男の小屋の戸を叩くものがあった。  山の中の一軒家である。もしや道に迷った猟師か木こりだろうかと、男は戸を開けた。  そこに立っていたのは十ばかりの娘と、弟と思われる幼子だった。 「一晩泊めていただけませんか」  娘は静かな声で言った。  こんな真夜中に子供二人が山の中にいるなんて、さては妖の類かとも思ったが、疲れ果てた姿がどうにも憐れで、男は二人を小屋に入れると、明日の分に取っておいた飯を雑炊にして食わせた。  子供はすっかり汚れていたけれど、着物は上等な物で、顔つきもどこか品が良い。  雑炊を食べ終わると、二人はきちんと座り直して男に告げた。

連載中!

-仲間とリレー小説-
閲覧数 1916 いいね数 22 コメント数 3
俺は豪っす!今日は先輩と久々に飲みに行くっす。もちろん奢って貰うっす。 「居酒屋ってあそこの角辺りだったけ」 先輩ー物忘れ激しすぎっす 「はいその辺っす」 その時だったっす 『あっミスったわww』 と聞こえたんす そしと同時に俺達は歩道に突っ込んできた車にはねられて死んだっす 目が覚めた場所は雲の上みたいなとこだったっす 「お目覚めかな」 誰かが話しかけてきたっす 「誰っす?」 「私は簡単に言うなら神だ」 「神っす?」 「分かってるだろうが君は死んでしまったんだ。まだ未来ある若者がだあぁなんと嘆かわしい事だ」 何かそれっぽい事言ってるみたいすけど全くわかんないっす 「そこでだ君に使命を与えてある世界に転生してみないか?」
閲覧数 7859 いいね数 49 コメント数 5
募集停止中
俺の名は室川太郎!ごくごく普通の工場勤めの社会人だ! 「はぁ今日も仕事疲れたわぁ」 今日は定時まで仕事をし帰ろうとしていた 「先輩〜明日休みですし飲みに行きましょうよぉ〜」 こいつは後輩の水川豪俺を慕ってくれる数少ない後輩。 「別にいいけど奢りはなしな」 「はいはい分かってますよ。割り勘ですね」 「ならいいが」 「じゃっ先輩早く行くっすよ」 まぁこいつの事だから何やかんやで奢る羽目になるんだろなぁ。 「居酒屋の場所ってあそこの角辺りだっけ?」 「はいその辺っす」 そして俺と豪は歩いて居酒屋に向かっていた、、すると 『あっミスったわww』 と一瞬聞こえた。声の主は豪だろうと思い 「何かやらk、、」 その瞬間だった俺たちが歩いていた歩道に猛スピードの車を突っ込んできた。一瞬だった俺は車にはねられて即死した。
アイコン
あきカン
閲覧数 1025 いいね数 1 コメント数 1
テーマ SFサバイバルデスゲーム 世界的なゲーム会社であるファクトリー社が近々新作ゲームを出すという告知を受け、熱狂的なサバゲ―マーである一浪(いちろう)はそのテストプレイヤー募集に応募した。 内容は所々隠されており、一浪はなんとか当選したものの、合格通知にも何も書かれてはいなかった。 当選者だけが集められる会場に向かう道中、一浪は何者かに襲われ、拉致されてしまう。 気づくと一浪はどこかのヘリに乗っていて、そこで自分を含め、周りにいる者達も合格者であることが明かされる。 テストプレイの内容はとある無人島でのサバイバルだった。集められた者たちと協力し、一週間そこで生き延びられたら一人一人に景品をプレゼントするという。 一同はやがてその無人島らしき島に着き、自分以外の者たちが何者であるのかを知る。 彼らが持ってきた所持品が中央に集められ、まずは荷物チェックから始めようと中身を見ると……。
閲覧数 2229 いいね数 2 コメント数 4
内容 「俺」と「後輩」は付き合って一ヶ月にも満たない出来立てホヤホヤのカップル。 向こうから告白してきて、「俺」はその場の勢いでついOKしてしまった。 「後輩」は世間的に見ればそこそこカワイイと思える顔立ち。大して「俺」は彼女が偏差値60なら45くらいの下の中ぐらいには整った顔立ちをしている(なぜ告られたのだろう……)。 「後輩」とはまだデートにも行ったことがなく、メールを交換し合った程度にしか距離が近づいていない。そこまで進展を急ぐ気はないが、向こうがどう思っているのかは気になる。 ところでその「後輩」にはちょっとオカシなところがあり、よくメールでやりとりをするのだがその文面がどこがズレているのだ。 馬鹿と天才は紙一重というけれど、「後輩」はそのどちらにでも当てはまるんじゃないかと思う。 そんな毎日やってくるメールに対して、「俺」はなんとかかんとか返信を続けていた。
閲覧数 63 いいね数 1 コメント数 0
募集数 0/2
「ねぇこれ見て。かわいいよね。」  笑顔で僕の前に小さな花をみせる。僕も笑い返しながら花を受け取る。どこにでもある小さな花だがいつもと違って見えた。 「ハルは卒業したらどうするの。」 「え、私?私は進学するつもり。ケンは?」 「僕は、」 突然聞かれた言葉に驚いて一瞬答えられなかった。いや、答えをすぐに用意できていなかった。僕たちは数ヶ月後にはそれぞれ道を選んで卒業していく。もう決めていなきゃいけない。 「僕も進学する…かな…。」 答えは一応見つかったが僕の中では何かが残る。 「まぁ、焦らなくてもいいじゃん。」 ハルは突然優しい口調で言う。そんな言い方しないで。ハルが僕を置いていくみたいじゃん。
閲覧数 87 いいね数 0 コメント数 0
高一の秋、後期の委員会決めをしていた時、明るい性格でクラス人気者である彼女は、何故か俺こと新田圭人と同じ図書委員を選んだ。 みんなの中心的なポジションである彼女が、あまり目立たない図書委員を選んだことに、周囲はそれとなく理由を尋ねた。 その時の一言がこちら。 「だって、私と圭人君は『秘密の関係』だもん!」 え、何それ知らない。 『秘密の関係』などという些か魅惑的すぎるフレーズに、俺及び勉学を共にする皆達は困惑を隠せなかった。
閲覧数 146 いいね数 1 コメント数 0
「探偵」 それは、警察ですら解けない事件を解決する存在... しかし、探偵はある絶対的ルールにより成り立っている。 それは、 ①探偵が居ること ②事件があること ③警察がその事件を解決出来ないこと  ④その事件の解決を探偵に頼むこと  の四つだ。 もし... ①と、④が消えた世界があったら... どうなるのだろう....
閲覧数 84 いいね数 1 コメント数 0
寂れたシャッター街の一角にある探偵事務所。 そこで俺は「彼女」と対面していた。 「私は悪魔と契約をしています」 ……確かに、ウチは人気のない事務所なのだから、『ご相談だけなら無料』なんて過払金のCMみたいな売り文句を出してはいた。 だからといって、朝からカップラーメンをキメていた俺でさえ、これは少々重すぎやしないだろうか。 「えっと……どのような契約内容になっているんですか?」 長考の末、俺は彼女の話にやんわりと被せた。仕事の少ない今の現状で、評判すら下げてしまったらもう何も残らない。 彼女の言う「悪魔との契約」の内容は以下の通りだった。 一、嘘をつき続けなければならない。 ニ、その日、嘘をついたか否かを問われた場合に嘘をつくことはできない。 三、嘘をついたことを吹聴できない。 聞けば聞くほど胡散臭い話であった。いまだ彼女の望む依頼内容すら見えてこない。
閲覧数 85 いいね数 1 コメント数 0
「ここに二つの箱がある。片方は赤い箱、もう片方は青い箱。どちらか一つしか選べないとしたらどっちを選ぶ?」 彼が僕に問う。 真っ暗な何もない部屋で、下からライトアップされる鮮明な赤と青。 「赤い箱」 僕は答えた。 青い箱のライトが消え、箱は闇へと消えて無くなった。 残された赤い箱。 彼は蓋を取り去る。 「ジャーン!中身は汚れた万年筆でした!」 見覚えがある。たしかにこれは僕の万年筆だ。 …こんなに汚れてはいなかったけれど。 「人生は取捨選択の連続。君は赤い箱を選んで、そして青い箱を切り捨てた。その中身を見る機会は永遠に来ない」 僕は耐えきれなくなって彼に尋ねた。 「一体僕は何をやらされているんだ?」 「それが君の第一の質問でいいの?」 頷く。 彼の出す選択肢を僕が選んでゆくごとに、きっと一つずつ彼は質問に答えてくれる。 「これは君の"罪"を知るための時間だよ」
アイコン
あきカン
閲覧数 1025 いいね数 1 コメント数 1
テーマ SFサバイバルデスゲーム 世界的なゲーム会社であるファクトリー社が近々新作ゲームを出すという告知を受け、熱狂的なサバゲ―マーである一浪(いちろう)はそのテストプレイヤー募集に応募した。 内容は所々隠されており、一浪はなんとか当選したものの、合格通知にも何も書かれてはいなかった。 当選者だけが集められる会場に向かう道中、一浪は何者かに襲われ、拉致されてしまう。 気づくと一浪はどこかのヘリに乗っていて、そこで自分を含め、周りにいる者達も合格者であることが明かされる。 テストプレイの内容はとある無人島でのサバイバルだった。集められた者たちと協力し、一週間そこで生き延びられたら一人一人に景品をプレゼントするという。 一同はやがてその無人島らしき島に着き、自分以外の者たちが何者であるのかを知る。 彼らが持ってきた所持品が中央に集められ、まずは荷物チェックから始めようと中身を見ると……。
閲覧数 4171 いいね数 4 コメント数 0
募集停止中
キャラ紹介①(私) 名前:一ノ瀬 瑞希(みずき) 種族:人間 職業:大学生 長所:(`・ω・´) 短所:これと言った長所がないところ 趣味:バスケ(<アニメ、ラノベなんだけどね) 一言コメント  みなさんこんにちは!多分主人公ポジに選ばれました、みずきです。作者さんと話をしたところ、ひらがなの方が読みやすいし、楽らしいので、ひらがなで行きます。  ところで、私、長所が本当にないんですよねー。強いて挙げるならアニメにある程度詳しいとかですね。でもそんなこと書類に書いたら舐めてるって思われれそうですよね。だから顔文字で誤魔化しました。それこそ舐めてるだって?なんも書かないよりはマシでしょ。読書が(`・ω・´)を見て、(・Д・)なってくれればこちらも(*^ω^*)ですからね!  最後に、なんて事のない平凡な日常系ラノベをお楽しみください!←作者に言わされました( *`ω´)
閲覧数 90 いいね数 1 コメント数 0
鐘の音が辺り一面に重く響き渡る。 始まりを告げる合図。 同時に家々の扉が一斉に開け放たれた。 すぐに住人達が表に飛び出す。 彼らの瞳は好奇心の輝きに満ちている。 誰も彼もが我先にと鐘がある方向へ走り出す。 これから起こる出来事が余程待ちきれないらしい。 ゴォン…ゴォン… その野太い音は、寝坊助な少女の耳にまで潜り込んできた。 呻き声を漏らし、耳障りとばかりに寝返りを打つ。 彼女に追い討ちをかけるように、小さな家の戸が激しく叩かれた。 「リディア!起きて!」 少女を急かす怒鳴り声。 しかし心地よい眠りの世界に浸っている彼女には届かない。 「何してるの!早く!」 全く騒々しい。 このカナリアみたいに高い声はアッレーグラね。 親友の呼び声に心の中で悪態をつきながら毛布に顔を埋める。 だが次の瞬間、友が放った一言が少女を一気に現実に引き戻した。 「今日はディボータよ!」
閲覧数 1916 いいね数 22 コメント数 3
俺は豪っす!今日は先輩と久々に飲みに行くっす。もちろん奢って貰うっす。 「居酒屋ってあそこの角辺りだったけ」 先輩ー物忘れ激しすぎっす 「はいその辺っす」 その時だったっす 『あっミスったわww』 と聞こえたんす そしと同時に俺達は歩道に突っ込んできた車にはねられて死んだっす 目が覚めた場所は雲の上みたいなとこだったっす 「お目覚めかな」 誰かが話しかけてきたっす 「誰っす?」 「私は簡単に言うなら神だ」 「神っす?」 「分かってるだろうが君は死んでしまったんだ。まだ未来ある若者がだあぁなんと嘆かわしい事だ」 何かそれっぽい事言ってるみたいすけど全くわかんないっす 「そこでだ君に使命を与えてある世界に転生してみないか?」
閲覧数 7859 いいね数 49 コメント数 5
募集停止中
俺の名は室川太郎!ごくごく普通の工場勤めの社会人だ! 「はぁ今日も仕事疲れたわぁ」 今日は定時まで仕事をし帰ろうとしていた 「先輩〜明日休みですし飲みに行きましょうよぉ〜」 こいつは後輩の水川豪俺を慕ってくれる数少ない後輩。 「別にいいけど奢りはなしな」 「はいはい分かってますよ。割り勘ですね」 「ならいいが」 「じゃっ先輩早く行くっすよ」 まぁこいつの事だから何やかんやで奢る羽目になるんだろなぁ。 「居酒屋の場所ってあそこの角辺りだっけ?」 「はいその辺っす」 そして俺と豪は歩いて居酒屋に向かっていた、、すると 『あっミスったわww』 と一瞬聞こえた。声の主は豪だろうと思い 「何かやらk、、」 その瞬間だった俺たちが歩いていた歩道に猛スピードの車を突っ込んできた。一瞬だった俺は車にはねられて即死した。
閲覧数 2万 いいね数 44 コメント数 2
募集停止中
俺の名前は田中渡。その日は眠かったとにかく眠かった。だから寝た!そして目が覚めた。するとそこには見慣れぬ光景が広がっていた 「ん?夢か?」 そしてまた寝た、、そして目が覚める また見慣れぬ光景、、 「何だここは?」 しばらく困惑していると頭の中に声が響いた 『聞こえますか?』 とりあえず返事をしてみる 「聞こえるんけど何だ?」 『私があなたをこの世界に呼び寄せました』 謎の声は続けて 『まぁここはよくある剣と魔法の世界です。まぁ近くにちょっとした町があるので行っちゃいましょう!』 『あっその前に私の事はラジエルとお呼びください』 「俺は田中渡だ」 『その名前だとここでは目立ちますね代わりの名前を考えましょう、、そうですね。フレムはどうですか?』 「あぁ面倒だからそれでいいよ」 そして俺、フレムとラジエルとの冒険が始まる、、
閲覧数 5594 いいね数 32 コメント数 0
 それは、実家に里帰りしていた、春の日のことだった。  田舎の決して大きくはないアウトレットスーパーセンター。 「みーみーみー」  そこのペットコーナーで仔猫の鳴き声がした。  まだ幼いと思われる、小さな小さな仔猫の鳴き声。 ━━━おかしい、ここでは猫はあつかっていないはず━━━  鳴き声のするほうに人のいないレジ裏を見つけ、そっとのぞいた。  そこには可愛らしい3匹のさばトラの仔猫がいた。
閲覧数 2022 いいね数 7 コメント数 0
募集停止中
これは僕が見た夢の話だ。 言ってみれば唯の作り話。 でも、とても美しい話だから、どうか最後まで聞いてほしい。 僕は満天の星空の下、白百合が咲き乱れる野原で目を覚ました。あたりは甘ったるい花の匂いが充満している。虫は元気に鳴いているが、周りには人っ子一人いない。 僕は野原に寝転び、しばらく星を眺めていた。星座なんかわからないから、ただ眺めてるだけ。
閲覧数 1786 いいね数 1 コメント数 0
募集停止中
「俺が食わせてやってるんだよ!お前が家で楽してる間も、俺は汗水垂らして働いてんの!」 「はァ!?だからって浮気して良いわけ?ふざけんな!」 「だからッ、あれは浮気じゃないんだよ!遊びだって何回も言ってんだろ!!お前だって俺が居ない間、家事もしねえでパチンコ打ってんだろ! バレてないと思ってんのか!?」 「それ、はッ……べ、別に良いでしょパチンコくらい!ストレス発散してるだけで誰にも迷惑掛けてないし――」 激しい夫婦喧嘩の隅っこで、猫の人形を手に持った少女が一人、冷めた瞳で罵声の応酬を見つめていた。 少女の名前は朝比奈ルナ。月と書いてルナと読む、少し変わった名前の少女だ。ルナが見つめる先で、何度目か分からない喧嘩は、母の逃亡で幕が降りた。 父はルナに目を向けることさえせず、酒を呑み干しては布団でいびきを掻いている。 それを見つめたルナは呟いた。 「……そうだ。星を捕まえに行こう」
閲覧数 53 いいね数 0 コメント数 0
「いつもの場所だよね。」 悠太が驚いた声で言った。俺も同じ事を思った。一緒にいた友だち全員思ったと思う。いつも集まって放課後の時間を潰している場所、自然に集まっていつも騒いでいる場所。 「なんか怖くないか。」 「いつからこんなになんたんだよ。」 「まるで別の場所みたいだな。」 何も考えられずみんな黙ってしまう。俺を含めて、昨日までとは別の姿の場所に戸惑いを隠せてないのだろう。 後で俺も気づいたのだが、この変化が始まりにすぎないことをこの時点では誰も知らなかったのである。
閲覧数 128 いいね数 1 コメント数 0
第1話 肝試しは延期です 私の名前は美咲趣味は肝試し!よろぴくー! 「ねぇ美咲今度の肝試し事なんだけど」 「楽しみだね華蓮」 彼女の名前は華蓮私の肝試し仲間 「実はその日彼氏とデート行く事になったのごめん」 このぉリア充がぁぁーおっと失礼 「うーん肝試しは延期しようか」 「うんそれでお願い」 「デート楽しんでね」 リア充はそっとしておきます。決して爆破してはなりません。あぁーリア充爆破してぇー 「よし!肝試しは延期だ!」 ~~~~~~~~~~~~~~~~~ あとがき的なやーつ ホラーと言うよりコメディ寄りになるかもしれない
募集中!
閲覧数 252 いいね数 0 コメント数 0
「働いているからって人よりも偉いと思うなよ」 二階堂篤は満員電車が待つ駅に吸い込まれていくサラリーマンを見ながら、誰宛ということでもなく吐き捨てるように言った。 二階堂は生まれてこのかた一度も働いたことがない。就職はおろかアルバイトすら未経験だ。 そんな生活を可能にしたのは本人が持つ幸運のおかげだ。生活に必要な金は真面目で頑張り屋の両親が多量に残してくれた。人生を二回遊んで暮らせるぐらい。
募集中!
募集中!
アイコン
BooKHackers運営者
閲覧数 1478 いいね数 1 コメント数 3
募集数 0/1
BooKHackersをご利用いただき誠にありがとうございます。 BooKHackers運営者です。 私たちはBooKHackersを常にもっと良いものにしたいと考え日々、修正や機能の追加等を行っていますが、まだまだサービスをもっと便利にできると考えています。 しかし、非常に少数で運営を行っているため”知恵”が足りません。 そこで、より良いサービスにするためにユーザーの皆様のお知恵をお借りしたいと考え、この”目安箱”を作成させていただきました。 どんな些細なご意見でも構いませんので、現状のサービスの状態にご要望がございましたら通常の物語と同様に「続き」の投稿画面からご意見の投稿をお願いいたします。 頂戴したご意見の全てを実現することは難しいかもしれませんが、精一杯努力させていただきますので何卒ご意見を頂戴できると幸いです。 よろしくお願いいたします。 BooKHackers運営者
閲覧数 57 いいね数 0 コメント数 0
募集数 0/10
見るだけで読みたくなるサブタイトル大募集! 架空の作品なら『サブタイトル』だけでOKです。 既存の作品なら『作品名・サブタイトル』でお願いします(作品名とサブタイだけ乗せてもらえればはあとは自由!) そのサブタイにした理由なんかもあったら教えてほしいです。
閲覧数 457 いいね数 2 コメント数 0
女子A「ねえ、今日の放課後どこ行く?」 女子B「私、近くにできたクレープ屋に行きたいな〜」 女子A「確かに!あ、そういえばさ・・・」 青春とは一体何なのか考えたことはあるだろうか。 青春とは何故青い春と書くのだろう?それは元々春は青いからだと言われている 中国古来から伝わる陰陽五行で季節ごとに色が決められており、春には青が当てはまるからだそうだ。 しかし現在の青春では若いという意味だけではなく、夢に向かって努力することや恋愛模様という意味合いを持つことが多い。 これは夏目漱石が書いた『三四郎』が大きな影響を与えているという『三四郎』は熊本から東京に上京してきた主人公が若い人ならでは迷いや不安、恋愛などを描いた作品である ならば夏目漱石がいなければこのような青春が生まれなかったか? 絶対に違う あっても無くてもこのような幸せそうな青春はうまれていただろう結論から言おう 青春は滅びれば良い。

完結作品

-リレー小説を読む-
閲覧数 1万 いいね数 13 コメント数 0
それは突然の…始まりだった。
閲覧数 8415 いいね数 39 コメント数 0
「あなたは色が白いから、きっとよく映えるわよ」 そう言って、貴女は好んで赤い色の服ばかりを私に着せたがりました。 「ほら、鏡を見てごらん。地味な色より、やっぱりこちらのほうがよく似合う」 貴女はそう言って、楽しげにころころと笑いました。 赤い色は嫌いです。 赤い色は。 私にとって。 あまりにも生き生きとして、眩しすぎるのです。
閲覧数 4317 いいね数 5 コメント数 0
 世界にはいくつか不思議なものがある。  誰に当てたか分からない手紙。  誰が作ったのかも分からない建物。  誰のために作られたかも分からない道具。  ここにあるのは、『航海王子のアストロラーべ』。  遠い遠い昔の、航海王子からの贈り物は、誰の手に渡り、誰のもとで使われてきたのかも分からない。  それでも、金色のアストロラーべは今日も輝き、星を示す。
閲覧数 8415 いいね数 39 コメント数 0
「あなたは色が白いから、きっとよく映えるわよ」 そう言って、貴女は好んで赤い色の服ばかりを私に着せたがりました。 「ほら、鏡を見てごらん。地味な色より、やっぱりこちらのほうがよく似合う」 貴女はそう言って、楽しげにころころと笑いました。 赤い色は嫌いです。 赤い色は。 私にとって。 あまりにも生き生きとして、眩しすぎるのです。
募集中!
募集中!
閲覧数 1万 いいね数 13 コメント数 0
それは突然の…始まりだった。
募集中!
募集中!
閲覧数 4317 いいね数 5 コメント数 0
 世界にはいくつか不思議なものがある。  誰に当てたか分からない手紙。  誰が作ったのかも分からない建物。  誰のために作られたかも分からない道具。  ここにあるのは、『航海王子のアストロラーべ』。  遠い遠い昔の、航海王子からの贈り物は、誰の手に渡り、誰のもとで使われてきたのかも分からない。  それでも、金色のアストロラーべは今日も輝き、星を示す。
閲覧数 2682 いいね数 11 コメント数 0
ある日、莉緒が訪ねてきた。 赤髪に黒リボンの姿でサキュバスになっていた。 ロリ口調で話しかけて来た。 莉緒:「ねぇ、ねぇ!お兄ちゃん?」 優:「お前、急にどうした....!?」 莉緒:「あのね、魔王莉緒奈がねぇ....世界を『女の子限定サキュバス化計画』とか言って世界を変えたの。」
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!
募集中!