連載中 異世界

アイコン
ヒーローにはなれない
ヒーローにはなれない
# 異世界
なすび漬け
閲覧数 1177 いいね数 1 コメント数 0
ヒーローにはなれない 「なんですか、それ」  イーグルはジェオが持っている袋を指していった。原色に近い派手な配色で、なにやらキャラクターが描いてある。 「なにって、駄菓子だぜ」 「ああそういう、僕にも少しください」  片手が差し出される。 「食うのか? 腹壊さねえよな」 「僕の胃腸をなんだと思っているんですか。いまも皆と同じ食事をしたばかりでしょう」  軍の宿舎で夕食を摂った後だ。これから一時間の自由時間が与えられる。イーグルは手に乗せられたいくつかのスナックをつまんで口にした。さくりと音が鳴る。その様子を眺めながらジェオは、そういえば昔からイーグルはビジョン家の用意する菓子類より、ジェオが食べているものに興味を示すと思い出した。 「うまいのか?」 「ジェオのような味がします。一見、粗暴に感じられながら歯触りは優しく、パンチが効いているのは最初だけで、総合的に甘いです」 「お、おう。駄菓子にこんな品評がつくとは思わなかった」 「変ですか?」  イーグルはどこか傷ついたように見えた。 「俺はお前さんちで食えるものが好きだがな」 「そうですか」  手のひらに残る菓子に目を落として小さく呟く。 「なんかあったのか」  イーグルは、はっとしてジェオを見つめ、きまり悪そうに笑った。 「僕は、自分の家に、自分の階級に馴染めませんでした。わかりますか、四歳にも満たない子供たちが皆、将来入る大学と就職先を決めているんです、皆ですよ? 子供なのにスケジュールは分刻み、親はマウントを取り合い、それは子供にも拡がっている。食べ物も衣服も習い事もなんでもそうです」 「そりゃすげえ世界だな」 「僕は疑問に思いました。本当に物心ついたばかりの幼児が自分の意思で将来のレールを望みますか? 怖かったんです、僕もそこにいることが。父と母は僕の自主性を尊重して、私立と公立を選ばせてくれました。僕は公立を選んで、そこははちゃめちゃでした」 「荒れてたのか」 「違います、個性の坩堝です」  懐かしそうに微笑んで手のひらを見つめるイーグルは幼少期を思い出しているのだろう。すると、ジェオの耳に口を寄せて囁いた。 「大きな声では言えませんが、僕は少し貧しい人たちが性に合ったんです。僕は、家の者がいればなにもしなくても自動的に何事も済むのに、彼らはおやつを食べるにも万引きをしたり、調理が必要なものをそのまま食べたりしました。例えばホットケーキの生地を舐めたり。その逞しさに触れたから、いまの僕が形成されました」 「万引きは駄目だろ」 「ええ、そう言ったら絶交されましたね。でも彼には仕方のないことだったんです。仕方のないことに耐える姿を、僕は勉強したと思っています。こんな話を聞いてジェオは幻滅しましたか?」
アイコン
異世界・シャーク
異世界・シャーク
# 異世界
バケモン卿
閲覧数 1225 いいね数 0 コメント数 0
ーーーもう僕はフカヒレスープを食べられないだろう。 君もあの●ットな鮫野郎が無惨に人を食らいつく瞬間を見たらそう思うだろうね。 ん、なに?僕は誰かって? 僕はジェームス、ただの寂れたビーチの監視員さ。 妻とは離婚している。 今年で38歳になるな。 ん?聞きたいものとちょっと違う?? そもそもなんでこんな話をしたかって??? そうかい、特別に君に教えてやろうじゃあないか! あれは2012年夏の事だった………
アイコン
異世界イソップ物語
異世界イソップ物語
# 異世界
ショコラ
閲覧数 9033 いいね数 1 コメント数 0
第一話 北風と太陽  とある学院の放課後、一年生の首席二人が話していた。  今年は例外で首席が二人いる。二人とも筆記、実技共に満点を叩き出したからだ。  一人が話しかける。 「なぁ、俺の剣は誰よりも鋭く重い。この世で一番力があるのはこの俺だ。そうは思はないか?サンよ。」  剣士ウィンドが魔術師サンに話しかける。  サンは正直うんざりしていた。ウィンドは真っ直ぐで良きライバルだが、いかんせん力自慢が多すぎる。  なので今日ばかりはいい返させてもらう。  「確かに君は筋力のステータスが異常なまでに高いよ。でも、この世で一番ってことはないんじゃないか?」  サンはウィンドが挑発に弱いのを知っている。ライバルとして、友人として暮らした故のことだ。  案の定ウィンドがいい返してくる。
アイコン
マジシャン(手品師)はマジック(魔法)を使えない
マジシャン(手品師)はマジック(魔法)を使えない
# 異世界
3ツ月
閲覧数 826 いいね数 2 コメント数 0
募集停止中
「なぁ、こんな所で見世物になんかなってないで……俺たちと一緒にパーティー組もうぜっ!」  街の中央広場でいつものように手品を披露して日銭を稼いでいると、客のひいた合間に突然そう声をかけられた。 「えっ!?」  投げ銭を入れる為にと置いていた小さな木箱を拾おうと屈んでいたので私は顔をあげた。  すると私の驚いた顔に笑顔を向ける大剣持ちの青年と、寄り添うように立つ槍持ちの少年がいたのだった。 「わ、私は……」 「さっきから見ていたが……お前、マジシャン(男妖術師)だろ? ちょうど探してたんだよーーなっ?」  大剣持ちの青年は横を向いてそう話しかけると槍持ちの少年はコクリと頷く。
アイコン
天才君と凡人先生
天才君と凡人先生
# 異世界
ビターメイジ
閲覧数 2.2万 いいね数 2 コメント数 0
 剣と魔法の異世界といえば、急に湧いて出て好き勝手やらかす転生者が定番だ。  しかし、残念ながらこの世界には過去数十世紀に渡って転生者が存在しなかった。ファンタジーにありがちな長命種等も存在しなかったため、もはや転生者という存在自体が歴史から消え去りつつある状態だ。  しかしどんな世界にも単騎で世間を引っ掻き回す輩は存在するもので、転生者のいないこの世界ではそんな奴は現地人の中から現れる。
アイコン
関西弁の女子高生、男爵家に転生し、とある勇者と共に過ごす
関西弁の女子高生、男爵家に転生し、とある勇者と共に過ごす
# 異世界
ショコラ
閲覧数 2290 いいね数 2 コメント数 0
第一話 ここ、どこなん?  目を覚ますとそこは草原だった。その草原にある丘の上に私は倒れていた。体は痛くないが、気持ち軽めな気がする。  取り敢えず立ち上がってみる。するといつの間に用意していたのか、目の前に白い椅子と机、パラソルが設置されていた。  さらに机の上にはクッキーとティーセットが置いてあり、片方の椅子には女性が座っていた。  私はもう片方の椅子にほぼ無意識で腰掛け、相手の顔を見た。それは美しく、整っており綺麗だったが、どこか冷たく、人間味をまるで感じられないような顔だった。  そこで私は声をかけみることにした。 「あの、すみません。どちら様でしょうか?」 すると女性は口を開いた。
アイコン
ソラの方舟
ソラの方舟
# 異世界
ショコラ
閲覧数 4928 いいね数 3 コメント数 0
プロローグ~神の独り言~  月暦2576年、アスタロト星は一度滅んだ。なに、隕石が落ちた、星の寿命が尽きたなどという止むを得ない理由からではない。私が無に戻したのだ。月暦元年、つまりは人間が誕生した年と人間が決めた年あたりから世界の秩序が乱れ始めた。実を言うと人間の誕生はもっと前だが、奴らの脳では知り得ないことだ。もっとも、各地に小国家郡ができ、富のために争い合い始めた頃から期待などしていなかったが。しかし、奴らは神への信仰心をなくすだけでなく、人々をまとめるために神を散々利用した。その挙句、問題が生じれば全て神のせいにする。そうした責任逃れを飽きるほど見てきた。末期には神への信仰心が薄れてき、あろうことか友人にまで責任転嫁する始末。私は辟易(へきえき)した。そんな下衆どもをどうして助ける必要があるだろうか。
アイコン
女だらけの世界で俺は音楽で無双する
女だらけの世界で俺は音楽で無双する
# 異世界
シンプティー
閲覧数 744 いいね数 1 コメント数 0
気づくと俺は、別世界にいた。 街を歩く人は女性ばかりで、突然襲われて た。助けてくれた婦警さんに話を聞くと、ここは男性が2%しかいない世界なのだという衝撃の事実を知った。 とりあえず男性は優遇されているので、その日は保護施設(マンション)でお世話になった。 これからどうしようと考えたとき、ポケットに手を入れると音楽プレイヤーが… 「そうだ!これで…」
アイコン
異世界放送局 〜 テレビ局に勤める俺は放送事業で無双する 〜
異世界放送局 〜 テレビ局に勤める俺は放送事業で無双する 〜
# 異世界
シンプティー
閲覧数 780 いいね数 1 コメント数 0
東京 - 某日 在京キー局でラジオとテレビ放送を行う、大手放送事業者。 その会社に勤める俺は、連日のトラブルで睡眠もままならない状態で対応に追われていた。 そして思うのである… 「新聞やテレビが衰退の一途を辿る中、放送が担う役割って何なんだろう。この仕事って意味あるのだろうか」と。 そう思った瞬間、視界が暗転した…
アイコン
ネクストスタート ありふれている僕の異世界物語
ネクストスタート ありふれている僕の異世界物語
# 異世界
夢藤 叶太
閲覧数 863 いいね数 1 コメント数 0
やぁ、こんにちは。いや、はじめましてかな ん? 僕はだれかって? ハハハ、僕の名前がなんて些細な事じゃないか。 え?違う? 僕が何者か聞いている?おっとこれは失礼したね 僕は語り手であり、役所。そして君達と同じ読者だ あはは、気持ちは理解できるがそんな何言ってんだこいつ?みたいな反応はやめてくれたまえ。 いくら心優しいお兄さんの僕でも傷ついてしまうよ え?僕っこじゃなくて男かよ?かわいい女の子を出せ?お前みたいな爽やかイケメンお呼ばれじゃない。 そんなこと言ってない?あっはっはっすまないね。よく言われるからつい。おや、なに何やら苛立ちやら、うざがられてる気配、殺気が さて和んだところで本題にいくとしよう。 今から僕が語るのは英雄の素質を持った少年少女達によって紡がれる物語。彼らがどんな物語を紡いでいくのかは僕にもわからない。 だから共に楽しませてもらうとしよう。