アイコン

どどりあ

アイコン
夢の話
夢の話
# 純文学
どどりあ
閲覧数 3324 いいね数 8 コメント数 0
募集停止中
これは僕が見た夢の話だ。 言ってみれば唯の作り話。 でも、とても美しい話だから、どうか最後まで聞いてほしい。 僕は満天の星空の下、白百合が咲き乱れる野原で目を覚ました。あたりは甘ったるい花の匂いが充満している。虫は元気に鳴いているが、周りには人っ子一人いない。 僕は野原に寝転び、しばらく星を眺めていた。星座なんかわからないから、ただ眺めてるだけ。
アイコン
夢で食うと書いて夢食
夢で食うと書いて夢食
# ショート×2
どどりあ
閲覧数 1056 いいね数 3 コメント数 0
「働いているからって人よりも偉いと思うなよ」 二階堂篤は満員電車が待つ駅に吸い込まれていくサラリーマンを見ながら、誰宛ということでもなく吐き捨てるように言った。 二階堂は生まれてこのかた一度も働いたことがない。就職はおろかアルバイトすら未経験だ。 そんな生活を可能にしたのは本人が持つ幸運のおかげだ。生活に必要な金は真面目で頑張り屋の両親が多量に残してくれた。人生を二回遊んで暮らせるぐらい。
アイコン
女の嘘
女の嘘
# ファンタジー
どどりあ
閲覧数 1629 いいね数 6 コメント数 1
『あなた。。。』 目が覚めたとき最初に目に入ったのは大粒の涙を流す女の顔。女は私に抱きつき、泣きながら『良かった。本当によかった』と言った。 女の顔はとても美しく、昔好きだった女優によく似ている。目が大きな小動物系。 女は私の妻だと名乗った。 どうやらここは病院らしい。頭を触るとミイラ男みたいに包帯でグルグルまきになっていた。
アイコン
必殺技のネーミングを考える
必殺技のネーミングを考える
# その他
あきカン
閲覧数 1万 いいね数 7 コメント数 8
募集数 0/1
タイトル通りです。考えた必殺技を披露するだけの遊びです。効果もあったら付けます。 理想はハンターハンターの「神の不在証明(パーフェクトプラン)」ぐらいセンスのある必殺技を作ることです。
アイコン
ナイト・テーブル・マナー
ナイト・テーブル・マナー
# ファンタジー
ハゴ
閲覧数 6059 いいね数 7 コメント数 2
--故郷に戻って来たのは何年ぶりだろう? そう思いながらエミリー・ロマンツォは空港から出てきた。 晴れ渡る空に目を細めていると、彼女の親友が太陽と同じくらいの輝きで出迎えてきた。 「エミリー!来てくれたのね!」 「アリシア!」 今日は高校の同窓会、海外で働いていたエミリーはギリギリまで予定が合わずなんとか当日に滑り込む事ができたのだった。 久しぶりの再会を喜んだ二人はそのままパーティー会場へと足を向ける。 その間もお互いに学生時代の話で盛り上がっていた。 「--それでその後こっそり抜け出してさ、彼と夜遅くまで好きなバンドの話を語り合ってたのー!」 「やだ、ステキー!」 「--続きまして、昨今のヴァンパイア問題についてのニュースです。」 二人の会話をかきけすように通りの電気屋に写ったニュースキャスターが淡々と世界の問題を読み上げた。
アイコン
○○○○○
○○○○○
# 恋愛
ゆう
閲覧数 214 いいね数 1 コメント数 0
━━━━━━━━━思えばあの時だった。
アイコン
言葉の瓶
言葉の瓶
# 純文学
yupipi
閲覧数 552 いいね数 2 コメント数 0
早い者勝ち
「これは"言葉の瓶"というものだよ。この中に誰かに伝えたい言葉を入れて願ってみてごらん。誰かにきっと届くよ。」  母はそう言って私に瓶を渡す。片手に収まるほど小さな小瓶だ。 「こんなのに言葉なんて入れられるの。」 「私も昔はそう思っていたよ。でもね、違うの。言葉は"入れられるの"。伝えたいって強く願えば願うほど。」 「ふうん。」 私は嘘だと思いながら返事をする。家の窓から見える空の雲はゆっくりと動いている。 ぼんやり見つめているとなんだか不思議な気持ちになった。
アイコン
Choice あなたはどれを選択しますか?
Choice あなたはどれを選択しますか?
# ファンタジー
赤糸マト
閲覧数 5193 いいね数 3 コメント数 0
募集停止中
 お盆なので、ちょっとした企画をしてみます。  (企画倒れになるかもですが……)  選択肢は先着順で決定したいと思います。 ―――  この物語では、とある一人のニンゲンが登場します。  そのため、物語の最後には、ニンゲン行動について選択肢を掲示しますので、行動を選択してください。  あなたが選択した行動を元に、ニンゲンは行動を起こします。  それでは、まずはこのニンゲンの名前、性別、年齢を決めてください。
アイコン
お嫁さんにしたいコンテスト1位の後輩と遭難した
お嫁さんにしたいコンテスト1位の後輩と遭難した
# ファンタジー
岩波零
閲覧数 4.9万 いいね数 65 コメント数 0
「先輩、起きてください先輩」  朝日さんの優しい呼びかけによって、俺の意識は覚醒した。  目を開けると、すぐ近くに朝日さんの美しい顔があった。彼女は高校の文化祭で行われた『お嫁さんにしたいコンテスト』で1位だった超絶美少女なので、思わず照れる。  朝日さんは心配そうに俺の顔を覗き込んでおり、その背後には雲一つない青空が広がっている。 「――えっ? なんで外?」  驚いて体を起こしてみると、なぜか俺は砂浜に倒れていた。
アイコン
楽しい自殺計画
楽しい自殺計画
# その他
赤糸マト
閲覧数 3861 いいね数 1 コメント数 0
  昼間は青かった空は次第に朱が射し始め、忙しなく働いていた人々は満足感や倦怠感など、様々な感情を抱きながら帰路へと向かい始める、そんな時間帯。  とあるビルのオフィスの一室、一人の男とその上司に当たる初老の男性が沈み始めた太陽の光を浴びながら、オフィス内の社員全員の視線を浴びている。 「佐藤君、何か最後に言いたいことはあるかね?」  初老の男性に「佐藤」呼ばれた男は、緊張気味の身体を少しでもほぐすために深呼吸を一度行った後に自信が作れる最大限の笑みを顔に張り付け、言葉を放つ。 「今までお世話になりました。人によっては短い間だったかもしれませんが、今後も皆さんのご活躍を期待しております。本当にありがとうございました」  短い挨拶を終えた後、男はこの6年間何度下げたか分からない頭を深々と下げる。男のあいさつを聞いていた者達は形だけでもとその手と手を叩き始めた。
アイコン
僕は異世界に行きたかった
僕は異世界に行きたかった
# 異世界
teruteru
閲覧数 547 いいね数 3 コメント数 0
募集停止中
玄関を開けたらそこは異世界だったーーーー 僕の名前は大田原宗近、25歳のブラック企業に勤める平凡な会社員だ。 日々の仕事の疲れから心を病んでしまった僕は、人生一発逆転を夢見て宝くじを購入し、まさかの一等大当たり!?一瞬にして5億円もの大金を手にする事に!?これだけあれば、会社を辞めて遊んで暮らせるとガッツポーズをした所で視界が暗転。 「まぁ、夢だよな...」 夢のような夢から覚めた僕は、いつもの通り身支度を整え、出来れば行きたくないが、上司に説教を食らうのもめんどいので渋々自宅の玄関を開けると...
アイコン
それは突然の…
それは突然の…
# ミステリー
チョパ太郎
閲覧数 1.6万 いいね数 13 コメント数 0
それは突然の…始まりだった。