青い箱

「ここに二つの箱がある。片方は赤い箱、もう片方は青い箱。どちらか一つしか選べないとしたらどっちを選ぶ?」

彼が僕に問う。

真っ暗な何もない部屋で、下からライトアップされる鮮明な赤と青。

「赤い箱」

僕は答えた。
青い箱のライトが消え、箱は闇へと消えて無くなった。
残された赤い箱。
彼は蓋を取り去る。

「ジャーン!中身は汚れた万年筆でした!」

見覚えがある。たしかにこれは僕の万年筆だ。
…こんなに汚れてはいなかったけれど。

「人生は取捨選択の連続。君は赤い箱を選んで、そして青い箱を切り捨てた。その中身を見る機会は永遠に来ない」

僕は耐えきれなくなって彼に尋ねた。

「一体僕は何をやらされているんだ?」

「それが君の第一の質問でいいの?」

頷く。
彼の出す選択肢を僕が選んでゆくごとに、きっと一つずつ彼は質問に答えてくれる。

「これは君の"罪"を知るための時間だよ」

1 / 1ページ
アイコン ゲソ太郎
募集傾向: 意外性

0/400

他の投稿を見る

0/400

「続き」を投稿して「佳作」以上を獲得すると閲覧できます。

最終話へ