«妹達が突然、ロリサキュバスになった。»

ある日、莉緒が訪ねてきた。

赤髪に黒リボンの姿でサキュバスになっていた。

ロリ口調で話しかけて来た。

莉緒:「ねぇ、ねぇ!お兄ちゃん?」

優:「お前、急にどうした....!?」

莉緒:「あのね、魔王莉緒奈がねぇ....世界を『女の子限定サキュバス化計画』とか言って世界を変えたの。」

1 / 8ページ
アイコン KEN_KUN

莉緒:「ねぇ、お兄ちゃん....。私なんか....変な感じになってきちゃった....///」

「ねぇ、ねぇ、私の下着みたい?お兄ちゃんっ!」

「私の下着はね?勝負下着なんだよっ!」

2 / 8ページ
アイコン KEN_KUN

まだ、続きがあってね....その女の子達は、お兄ちゃんの周りにいる女の子限定みたいなんだよ....。

優:「なぜ、お前は、ロリっ子口調とサキュバスが組み合わさってるんだ?」

莉緒:「我に聞いたってわからないよぉ!!」

3 / 8ページ
アイコン KEN_KUN

優:「俺の周りという事は、涼香達が危ないな!!」

莉緒:「今日の朝から1週間で効果が無効になるみたいだよ。」

優:「1週間だと!?」

莉緒:「助けるにはなんだけど....Kissキスすると自動的にサキュバス化が一時的に効果半減するみたいです。」

4 / 8ページ
アイコン KEN_KUN

手っ取り早い話....サキュバスは、精液が好物。簡単に言うと....ヤレバイイ話。)

優:「 Kissキスだと半減!?他には....まさか!!」

莉緒:「お兄ちゃん、そのまさかです。交尾です♡」


優:「お前の口から交尾と言う単語が出てくるとは....」

莉緒:「お兄ちゃん、私は....心の準備が出来ているよ///」

5 / 8ページ
アイコン KEN_KUN

優:「えっと....まって....早まるなー!!」

莉緒は、急に全裸になり始めて....恥ずかしそうにこっちをうかがってくる。

莉緒:「お兄ちゃん、恥ずかしがらなくてもいいよ!?」

「私がリードしてあ・げ・る・か・ら♡」

6 / 8ページ
アイコン KEN_KUN

優:「あっ....あぁっ///ああぁああああああああああああぁぁぁっ!!」

莉緒:「えっ....もうお兄ちゃん、ひとりでイッちゃったの?」

優:「あぁ、だって....俺まだ、童貞だからな....。」

莉緒:「童貞ー?童貞て....なぁに!?」

優:「童貞て言うとは、初心者てことだよ?」

7 / 8ページ
アイコン KEN_KUN

緒:「そういう事は、お兄ちゃんは、私が初めて///てことなんだねっ!」

「わーい。お兄ちゃんの初めてをGETしたちゃったー!」

一晩中、ロリサキュバス化した莉緒とずっと一夜を過ごしてきたのであった....。

そして、俺は....卒業したのであった....。

8 / 8ページ
アイコン KEN_KUN

0/400

「続き」を投稿して「佳作」以上を獲得すると閲覧できます。

最終話へ