Fate/Collision eyes

この小説は、Fateシリーズの設定を利用した二次創作作品となっています。
オリジナル、及び版権作品の中からマスターとサーヴァントを選び、聖杯戦争を行います。
続きを投稿する方はオリジナル、及び版権キャラクターからマスターとサーヴァントを自由に決めてくださって結構です。
舞台は東京都全域となります。
※内容によっては投稿を一時募集停止にしてこちらである程度内容を進めてから再開する場合もあります。


近日中にOPを投稿してから募集を始めます。

1 / 15ページ

OP

──────────こんなものか?


駆動する屍を動かしているのは、その一念だけだった。

2 / 15ページ

深夜を照らす月の光が、透明なガラス越しに突き刺さる。
左右両端から斜めに伸びる白色は薄く、建物の内部を照らすには心元ない。
ならば空間の上端から中央に、他のものより細長く伸びる光ならばどうか。
明暗様々な色が混じり合ったそれも濁りすぎていて役不足だ。
そんな夜の闇に侵蝕され尽くした空間に、一際強い明りが灯った。
漆黒に覆われたその全貌が明らかにされてゆく。
燭台に立て掛けられた蝋燭から、今し方点火した一握りの火が揺らめいている。この真っ暗闇を煌々と照らす光の正体であった。
微かに橙の混ざった灯火が最初に映したものは、礼服を着た、壮年の男だ。

3 / 15ページ

その眉間に刻まれた皺は、深い。嘗てより人間の真理を問い、思考し続けた数々の哲人のものと相違なかった。しかし、その口角は三日月のように釣り上げられている。その渋面とも笑顔とも取れる表情を直視して、気障か、或いは不審者と言う評価は免れないだろう。それだけの普通ではない何かを、男からは感じさせられる。
そして何よりも、周囲の暗澹たる闇はこの男から発散されているのではないか。そう余人に思わせる容貌が、男が胸の内に秘める異常性を表現していた。

4 / 15ページ

「……」

無言。腕を後ろ手に組み。蝋燭の側に立つ男は、神父であった。
この、人とは相容れぬ異常を胸に秘めるこの男こそが、正しくこの辺鄙な教会に於いての、唯一の聖書者であった。この、異常そのものが、である。
世に蔓延る如何なる鬼畜、畜生と言える者よりも邪悪かつ悍ましいサガを持つこの男が平素では素知らぬ顔で有難い聖書やらを読み上げ、神に祈るというのだ。何とも因果な巡り合わせだね、と笑い声が響いた。神父のものとは異なる声音であった。

「──どうだね。ルーラーよ、やはり君から見てもこの聖杯戦争は異常と言えるのか」

深く、心の奥底にまで染み入るような、しかし厳かで荘厳さすら感じる声で神父は『それ』に問うた。笑い声を遮るように響いたその言葉を放って初めて、笑いが止んだ。再び、静寂に包まれる教会。

「異常、異常ね」

5 / 15ページ

もしも声に質量というものが存在するので有れば、その声は軽かった。軽薄そう、とも表現できるかもしれない。声は、教会の入り口、扉の付近から聞こえて来る。教会に備え付けられた木製の長椅子。『ルーラー』と神父から呼ばれたそれは、長椅子の端で脚を組み、十歳にも満たぬ幼子が浮かべる純粋なそれと酷似した満面の笑みを浮かべて、反芻するように言っていた。


「神父様に名前はある?」
「言峰、綺礼」
「じゃあコトミネ君、少し考えてみようか」

人差し指をぴんと立て、言峰と名乗った神父に向ける。

「話に聞くに君は参加者監督役、どっちの立場からも聖杯戦争に携わって来た
そうじゃないか。そんな君に聞くけど───」

一拍置いて、椅子から立ち上がる。蝋燭の火が『それ』の姿を捉えた。

6 / 15ページ

「本来の聖杯戦争なら、サーヴァント七騎が願望機──聖杯を求めて戦うけど、今この『世界』に招かれた主従だけでも20は超えてる。クラスだってそう、重複しているし僕以外のエクストラクラスもいる。セイバーだったりアーチャーだったりが二人いることもザラだしね、ここじゃ」

「数多の平行世界から招かれたマスター、及びサーヴァントもその一例か」

「そうだね、聖杯が生み出したこの仮初の世界は数えきれない平行世界と今もアクセスしている。いつ何時新しいマスター、サーヴァントが増えるかもわからない。───アクセスが途切れるのは、そうだね。今から二週間後、くらいかな?」

7 / 15ページ

「それまでは際限無くマスター、サーヴァント共にこの地に呼ばれる、という訳か」

「そうなるね。でもこのペースで人数が増えたら何が起こるか分からない。そう考えたからこそ、ここの『ボス』は君を招き、僕を召喚させた、ってことだよ。この『特異点』を作り出したボスは、前のボスと違って慎重だね」

青い身体をした、その男は、言い切るなり笑った。これからこの地に巻き起こる激動に、笑みを溢した。

「‥‥‥成程、な。大方、私の役目は理解した。ところで────」

「?」

「おまえの真名を、まだ聞いていなかったな」

「ああ、そうだったね」

言うなり、言峰の前に立つ、ルーラー。恭しく彼の前で礼をし、口元を歪めながら問いに答えた。

「ハッピーケイオス」

「ハッピー………」

「名前だよ」

8 / 15ページ

【言峰綺礼@Fate/stay nignt 】【ルーラー(ハッピーケイオス)@GUILTY GEAR -STRIVE-】

【マスター、サーヴァント、共に認証確認】

9 / 15ページ

OP終了、ここから自由にリレー可

                  

   

                      Fate/Collision eyes




    


                      異界越境空間  東京

10 / 15ページ

がやがや、がやがや。
東京都、杉並区。都心へのアクセスに優れた交通網と、数の多い公園による緑の豊かさを兼ねた地域である。そのお陰か、この東京の中でも住みやすい。移動手段に長けている、という事実は住宅地としても密かに多くの人気を集めているそうだ。
故に平日、それも月曜日の朝。
サラリーマンにOLの会社に向かうスーツ姿、その黒色が餌に群がる蟻のようにひしめいていた。西荻窪駅南口、その付近。隣接する建物と建物の間、人ひとりがようやく入り込めるだろうか、という程に狭い路地裏に。
黒い、黒い装束を纏う男が一人、立っていた。壁面に背中を預け、鋭い眼光を瞳に宿し、虚空を睨んでいた。

『オイオイ、どうしたリゾット?辛気臭ェ顔しやがって……フッフッフッフッ!!』

11 / 15ページ

突如として、頭の中にけたましい声が響き渡る。念話、というものらしい。これのおかげで自分が召喚したサーヴァントにいつ何時もこのように絡まれるのはうっとおしくてたまらなかった。うんざりしたように男────リゾット・ネエロは目を細めた。
『少し黙れアーチャー。気が散る』

念話で言い返すと、『冗談の通じねェ奴だ』という返答と共に黙った。天夜叉を名乗るこのアーチャーはどうにも煩い。陽気を気取ったこのサーヴァントは事実、プライドの高く内面は誰よりも冷めていて、誰も彼もを見下している。それをリゾットはサーヴァント『ドンキホーテ・ドフラミンゴ』を召喚したその瞬間から、理解しているのであった。
だからリゾットは、自分のサーヴァントを心底信用していない。それどころか、一秒でも顔を合わせたくない程に、嫌悪感を抱いていた。

12 / 15ページ

何よりもアーチャーのその在り方が、リゾットの追い求めた『ボス』、ディアボロに重ね合わせたからだ。きっと、ドフラミンゴの方も自分を心底信用していなくて、嫌悪しているのだろう。もしかしたら、アーチャーは『サーヴァント』という今の立場にすら、嫌悪しているのかもしれない。
どちらにせよ、確かなことは、彼らの間には徹底的な断絶が存在していることだけだった。

『オイ、リゾット。────サーヴァントだ』

再び、ドフラミンゴからの念話。どうやら、他のサーヴァントの存在を知覚したらしい。
聖杯開始、一日目の出来事であった。

13 / 15ページ

【リゾット・ネエロ@ジョジョの奇妙な冒険 】【アーチャー(ドンキホーテ・ドフラミンゴ)@ONE PIACE】

【マスター、サーヴァント、共に認証確認】

14 / 15ページ

一方、その頃─────

15 / 15ページ

「続き」を投稿して「佳作」以上を獲得すると閲覧できます。

最終話へ