邪神系彼女

 玄関を開けると、目の前には美少女がいた。
 言葉を付け加えるなら、文字通りこの世のものではない感じの美少女がいた。
 見た目はとてもいい。アーモンド状の目とか、程よい高さの鼻とか、白過ぎずやけ過ぎない健康的な肌とか。
 美少女って言ったんだから、当然だけど。
 しかし、見た目だけだ。一般的な美少女は寝癖みたいな銀の髪がくねくね動かないし、照れ隠しで指を外さない。
 最大の問題点は背後だ。

1 / 1ページ
アイコン 黒豆んヘラ
募集傾向: 指定なし

0/200

他の投稿を見る

0/400

「続き」を投稿して「佳作」以上を獲得すると閲覧できます。

最終話へ