旧ステイツ超能力研究所の報告書

超能力の発見と研究所設立の経緯

テキサス州某所にて木造家屋が全焼する火事が発生
そこで暮らす夫婦が死亡
後に夫婦の子供を保護
翌日の現場検証では火元となった部屋には特段家事の原因になるものは発見されなかった

緊急事項
子供を保護していた警察署にて発火事件発生
目撃した職員は子供が出した火と口を揃えて証言。(後の実験で実証済み)
以後その子供はCIAで保護そ捜査も引き継ぐ

実験記録1
発火現象に関する実験
被検体ジェフ・クルフ(6)
被検体の生命活動に危害が及ぶと判断された場合即実験は中止とする

実験目的
この実験は発火能力の有無を確認する事にある

実験内容
数分のインタビュー
木材を標的とした発火実験
数分のインタビュー

インタビュー内容

実験前インタビュー
Q君のお名前と年齢を教えて?
Aジェフ!6歳!
Qジェフ君。君は体から火を出せるんだって?
Aうん出せるよ!
Q見せてくれるかな?
Aうんいいよ!

実験後インタビュー
Q火熱くない?
A熱くないよ!
Qもっと大きい火って出せる?
A多分出せるよ
Q疲れた?
Aちょっと疲れちゃった

実験結果
発火能力の存在は確認
今後も実験を繰り返し規模等の確認を急ぐ

緊急事項
雷を特定の場所に落とす、重力を倍増させる能力の持つ子供がそれぞれカリフォルニア州、ニューヨーク州にて発見
即座にCIAが確保

この発火能力等全般を表す用語として以後は超能力と表記する

後にCIA内に独立した研究機関としてステイツ超能力研究所が設立された

1 / 1ページ
アイコン アイコン
ドリアムズ3世 2022-08-01 23:09:29

旧ステイツ超能力研究所はState changeで登場するWSOの前身にあたる組織です。まぁ本編に関わる重要な話が入ってるってことです


「続き」を投稿して「佳作」以上を獲得すると閲覧できます。

最終話へ